KYOSHO RC BLOG

記事一覧(28)

ミニッツコラムVol3:ミニッツのサーキットは意外と身近にあった

 こうして無事ミニッツデビューを果たしたボクに、京商のスタッフからの悪魔のささやきが…。「実は日本で一番速いミニッツのドライバーを決めるミニッツカップ・ファイナルチャンピオンシップが、横浜の日産グローバル本社で開かれます。そこに『NISSANファンクラスクラス』という、初めてミニッツカップに出る人のためのクラスがあるんです。そのレースに出てみません?」という京商スタッフ。✳︎2018ミニッツカップはこちらから さっきまで、レースにはあまり関心がないフリをしていたものの、これだけ走るクルマだと、やはりちょっぴり速く走らせる方にも惹かれるわけで、「もちろん、出ます!」と即返事をしてしまいました…。 さて、レースとなると、それなりに走らないと周りのドライバーにも迷惑な話。そのために、この日、ここで走らせる以外にも、ちゃんと練習しなければなりません。また、ミニッツカップのコースは京商オリジナルの「グランプリサーキット」という、ウレタンでできたコースなので、それに合わせたセッティングも必要だといいます。 そこで、昨日今日ミニッツを走らせ始めたばかりのボクが、このストックのクルマのままで出るのは苦戦するだろうと、京商のスタッフがアドバイスしてくださいました。 タイムが計測できるトランスポンダを付けて、タイヤをウレタンコースに合ったものに交換し、ベアリングくらいは入れた方がいいとのこと。もちろん、それに従ってミニッツサービスステーションのショップで必要なパーツを揃え、この日はクリニックも担当しているスタッフの指導の下、それらを組み込んだのは言うまでもありません。